【Anker】Anker PowerExpand 6-in-1 USB-C PD イーサネット ハブ

f:id:eeeeesan:20210921224241j:plain

 

今回は私がいつも使用しているAnker製品の紹介です。

 

 

 

 

はじめに

メインのPCはMacbook Proを使用しています。

USB-Cを4本接続できますが、やはりUSB-AやHDMIをUSB-Cへ変換するものが必要になってしまいます。

 

外で使用する周辺機器に使用するものはUSB-Cでそれぞれを繋ぐケーブルを使用していますが、家で使用するものはUSBハブに頼ってしまっています。

 

周辺機器をハブに繋いでおけばケーブル1本接続するだけで簡単です。

とりあえず1個はあってもいいものだと思います。

 

今までAnker製品にたどり着くまで3個USBハブを購入しました。

しかし、USB-Aの接続が不安定なもの、LANケーブルを使用するのにソフトウエアをインストールしないといけないものなど使いにくいものばかりでした。

 

Anker製品のUSBハブには色々な種類があります。

使用用途に合わせたものを選択できるのもAnkerの魅力です。

 

私が選んだものはPowerExpand 6-in-1 USB-C PD イーサネット ハブという製品です。

 

付属品

f:id:eeeeesan:20211004214108j:plain

まずは外箱から。

いつも通りの白と水色を基調にしたものです。表面には凹凸の模様もあります。

 

 

f:id:eeeeesan:20211005182109j:plain

いつもの用紙も入っています。

あとは説明書です。

 

 

f:id:eeeeesan:20211005183057j:plain

そしてこれが本体です。

黒いメタリックでとてもかっこいいです。

 

 

f:id:eeeeesan:20211005183204j:plain

持ち運び用のケースも付いています。

質感も高級感がある感じでとてもいいです。

 

本体

次に本体を見ていきたいと思います。

 

USB-Aポート

f:id:eeeeesan:20211005184011j:plain

まずは2つのUSB-Aポートです。

なんだかんだでUSB-Aの周辺機器はまだまだあります。ひとまず2つ使用できれば私は十分使用できています。

規格はUSB3.0に対応しており、速度も問題ないと思います。

 

HDMIポート・USB-Cポート

f:id:eeeeesan:20211005184904j:plain

そして左からHDMIポート、データ用USB-Cポート、充電用USB-Cポートです。

 

私は普段から外部モニターを使用しているのでHDMIポートは必須です。

4K30Hzに対応しているようですが、そのサイズのモニターは使用していないのできちんと出力できるかは不明です。

 

Macbook本体のUSB-Cポートを1つ使用してしまっているのでUSB-Cポートがハブにもあると便利です。

片方がデータ用、もう片方が充電用です。PD対応のため最大53Wで充電できます。

(12W出力はハブ自体への給電に利用されるため、最大入力は65W、最大出力は53Wとのことです。

今まで充電とデータを同時に使用していても問題はありません。

 

イーサネットポート

f:id:eeeeesan:20211005190024j:plain

最後にイーサネットポート。

自宅で使用することはありませんが、外出先で使用することが多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最大1Gbpsで高速アクセス可能です。

 

 

 

まとめ

f:id:eeeeesan:20211005190505j:plain

Anker PowerExpand 6-in-1 を選んだ理由

  • 安心でコスパ最強のAnker製品
  • 使用環境に合った6つのポート
  • かっこいい見た目

私が必要だったポートはUSB-A、HDMI、USC-C(できれば2つ)だったので今回の製品を選びました。

 

使用用途によってSDカードを使用できるもの、HDMIポートが2つあるものなど色々な種類があります。

 

最近では、iPadにAnkerのUSBハブを使用する方も多いようです。

実際にiPadで使用したことはありませんが、購入の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

今回紹介した製品は楽天では売り切れのようだったので他の製品をご紹介します。

www.ankerjapan.com